インターネットの誹謗中傷で心が傷付く前に対策を!

ほぼ匿名で書き込みが可能なインターネットの掲示板

インターネットのサービスとして掲示板は非常に便利なツールとして利用されていますが、中にはほぼ匿名で書き込みが出来るアンダーグラウンドな掲示板も有ります。また、そのような匿名で書き込みが出来る掲示板は、誰が書いたか分からなくなるため、誹謗中傷の書き込みがされるケースが多いです。人によってはそこで自身に対する誹謗中傷を見つけてしまうという方もいますし、そこで心を傷つけられてしまう方も少なく無いのが現状となっています。

言われもない誹謗中傷なら毅然とした対応をする

そして、言われもない誹謗中傷の書き込みを見つけたら、毅然とした対応を行っていくことが重要です。放置するのも良い方法ですが、絶対にその誹謗中傷の書き込みが少なくなったり、自体が収束に向かっていくとは言えません。なので、インターネットの誹謗中傷を発見した場合は、誹謗中傷対策会社などを頼るのが良い方法です。個人で誹謗中傷対策をするのは大変ですが、専門会社に依頼すれば複数人で誹謗中傷を監視したり対策をしてくれます。

名誉毀損などは裁判まで持って行くことも可能

ちなみに、個人で誹謗中傷対策をする方法は掲示板の書き込みの削除依頼くらいしか出来ませんが、それらの専門会社の場合は、掲示板の管理人にIP開示の請求をして相手を特定してくれたり、そこから裁判まで持って行くことが可能です。どうしても許せない誹謗中傷や、名誉毀損だと確実に言えるような書き込みがあった時にはそんな対応方法を取るのも良いでしょう。悪質な誹謗中傷で傷付く前に対応すること、または傷ついたらその慰謝料を請求しましょう。

逆SEOとは、ターゲットのサイトやブログに対して、質の低いサイトやブログからリンクを送ったり、不自然に大量のリンクを送ることです。